それぞれ異なった原因によって引き起こされるEDの症状

男を磨く

男の人

ED症状で悩んでいる男性

EDのタイプ

スーツの男性

EDのタイプは大きく4つに分けられ、機能性ED、品質性ED、混合性ED、薬剤性EDとなります。ED一つの症状でも生活習慣病からくるものやストレスが原因となってしまうものなど様々な原因が考えられます。EDの症状について詳しく知りたいのであれば、専門のクリニックに行くことで知ることができます。EDの改善を目指したいのであれば、原因を突き止めることから始めましょう。EDで病院に行くことが恥ずかしいと感じている方もいますが、早期に治療を行うことで改善することができます。EDの症状について理解を深めていきましょう。EDはストレスや緊張、性行為の失敗などが原因で精神的なストレスを抱えてしまう場合があります。勃起は交換神経が反応して持続的な興奮や緊張をもたらしますが、交換神経が活性化してしまうと副交感神経に影響を与えてしまいます。そのため、性的な興奮が上手くペニスに伝わらず、EDが起きてしまうのです。また、血管や神経の障害で起きてしまうEDもあるので、心配な方は病院で診断を受けましょう。他にも加齢に伴い体内の一酸化酸素が減少し、動脈が硬化するいうことが原因の1つとして挙げられます。

ED治療薬人気ランキングベスト3

薬

シアリス 別名タダラフィル

シアリスは従来のバイアグラやレビトラとは異なり、投与後の36時間まで有効性が認められています。体内に吸収させてしまえば、食事の影響を全く受けず、プレッシャーの感じないED治療を行うことができる薬になります。シアリスの特徴は何といっても長時間の効果を実感することができるということです。また、金曜日の夜から日曜日の昼まで効果が持続するということからウィークエンドピルとも呼ばれています。従来のED治療では焦りなどを感じてしまう方が多くいますが、シアリスの登場によって自然体で受けることができるED治療になりました。

薬を飲む男性

バイアグラ

バイアグラはED治療薬として世界で初めて製品化されたものです。男性にとって夢の薬の登場と注目を集め、多くの方が利用してきました。バイアグラの成分には、シルデナフィルといった有効成分が入っており、この成分によって勃起不全を改善することができます。EDの薬を飲むことで常に勃起した状態になると想像される方が多くいますが、そんなことはありません。性的刺激を感じたときにだけ勃起するようになっています。このようにバイアラを使用する際には、しっかり使用説明を見た上で使用するようにしましょう。バイアグラの場合は目的に合わせて服用するようにするとよいです。

錠剤

LEVITRA レビトラ

レビトラはバイアグラの次に誕生した薬です。レビトラの特徴は、水に溶けやすい性質を持っているということです。この水に溶けやすい成分というのは、シアリスやバイアグラにはないレビトラ独特のものです。レビトラはこの性質にとって即効性のあるED治療薬として人気となっています。レビトラを服用することで勃起すると考えられている方が多くいますが、レビトラは、服用することで勃起するという薬ではありません。レビトラは性的な刺激を受け性的興奮した後に、勃起のサポートを行ってくれる薬になります。レビトラを使用する際には、食事の制限を行わないといけないので注意して使用するようにしましょう。

ED治療薬以外の治療方法

血管外科手術

手術室

血管外科手術は、勃起に関係する血管の異常によって起こる勃起不全を手術によって治療する方法になります。血管性EDには2種類あり、血液の流入が不自由分な場合は動脈性EDと呼ばれ、陰茎から流出する血液量を調整する閉鎖機構の機能が不十分の場合は静脈性EDとされます。動脈性ED治療に使われる術式は主に、バイパス手術もしくはカテーテルを通して行う手術があります。一方の静脈性EDの治療の場合は、深陰茎背静脈の切断術もしくは陰茎脚結紮術を行って治療を行います。その結果、血液の流出を少なくして勃起と勃起の維持に十分な血液を陰茎内に留まらせることができ、勃起を改善することができます。

原因を追究して治療する心理療法

医師と患者

心理療法は、心因性の勃起障害で行われる治療方法です。しかし、心理療法は人によって方法が異なります。心理カウンセラーのカウンセリングを受けることで、勃起不全の原因となっている悩みを除去することができます。また、ノン・エレクト法というのもあります。これは、実際に性行為を行い亀頭のみを挿入して肌の質感を感じることで自然に勃起を導いていく方法です。勃起したら女性器から出し、再び勃起しなくなったら再び挿入することを繰り返すことで心性行為に対しての心理的な抵抗を無くしていきます。その結果、より自然な性行為へと導くことができるのです。この治療を行う際は、カウンセリングが必要になります。